落合かつひろと平塚をつくる会 | 神奈川県 | 平塚市 | 平塚市長 |

qrcode.png
http://katsu-ochiai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
「落合かつひろと平塚をつくる会」
および 女性部「ほほえみの会」
入会のお問い合わせはこちら
 
 
2
 
プレジデント2017.3.6号で平塚市が認可保育園の決定率第3位
2017-03-31
プレジデント2017.3.6号で、平塚市は認可保育園への新規入園決定率が全国100都市の中で第3位と紹介されています。入園決定率とは、認可の保育施設・事業に申し込んだ子供に対して入園が決定した割合で算出された数字です。「SUUMOみんなの街」で公開されています。
 
   「SUUMOみんなの街」はこちらです。
 
2月18日(土)『2017新春のつどい』を開催いたしました。(事務局より)
2017-03-31
平成29年2月18日(土)、平塚プレジール(農協ビル)で 『落合かつひろと平塚をつくる会 2017新春のつどい』を開催いたしました。今年も2部構成で、総勢400名を超える皆様と親交を深めさせていただきました。
 
2017年落合かつひろ新春のご挨拶
2017-01-23
 
落合かつひろ市政報告『動かせ、平塚。』2017年新春号を発行しました。
2017-01-23
 
落合かつひろ市長の寄稿文が、雑誌『社会教育』に掲載されました。
2016-09-23
 
平塚市は県内市町村で初めて「イクボス宣言」をしました。
2016-04-22
 誰もが働きやすい環境を目指し、県内市町村の中ではいち早く平塚市が「イクボス宣言」をしました。「イクボス」とは、(以下、市HP記者発表のページより引用)部下の仕事と生活の両立を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司のことです。
 
 この平塚市長・落合かつひろ「イクボス宣言」の記事は、
 
熊本地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
2016-04-20
 このたび九州・熊本地方で発生した地震により、甚大な被害が発生しています。皆様のご無事をお祈りするとともに、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。 
 
 平塚市でも職員の派遣や義援金の受付など支援を進めております。
 詳しくは、平塚市ホームページをご覧ください。
 
落合かつひろ事務所 事務局
 
AERA(アエラ)No.13で落合かつひろのコメントが掲載されました。
2016-04-01
3月19日発売の『AERA '16.3.28 No.13』に落合かつひろのコメントが掲載されました。同誌中刷り広告(左図)でもわかるように同号は ”一億総活躍するために、どこに住む?”と称し、独自の視点で調査した結果を目玉記事の一つとして掲載しております。今回のメインテーマは、子育て世代が住みやすい街だったのか記事の大半はこの内容に終始していました。落合のコメントは、『住みたい街はトップ(首長)で決める』のコーナにあります。子育て世代をバックアップする姿勢と重点政策として「働きながら安心して子育てできる環境づくりに力を入れている。今秋には大型ショッピングモールがオープンし、医療機関や住宅も整った新しいまちが誕生する。」とコメントしています。
その他『仕事&育児しやすさ』について都心及び郊外101の自治体の星取表が掲載されています。今回残念ながら平塚の評価は★一つでしたが、育てやすさは『7』と高評価をいただいています。(事務局に閲覧用冊子を用意しております。)なお、この雑誌発行後の4月1日、平塚市は2年連続で保育園待機児童ゼロを達成しました。
 
2月14日(日)『2016新春のつどい』が開催されました。(事務局より)
2016-03-02
 平成28年2月14日(日)、平塚プレジール(農協ビル)にて 『落合かつひろと平塚をつくる会 2016新春のつどい』を開催いたしました。
 当日は春一番の予報どおり、朝から強い雨の降る荒れ模様のお天気でしたが、「晴れ男」の落合かつひろらしく、開会時には晴れ間も広がる穏やかな日和になりました。
 2部構成で行われた会も和やかな雰囲気の中、およそ500名の皆さまと歓談をしながら、親交を深めさせていただきました。
 
 
河野太郎国務大臣との対談記事が湘南ジャーナルとタウンニュースに掲載されました
2016-02-11
 
『災害に強いまちをつくる』
 
 国務大臣 河野太郎氏 と 平塚市長 落合かつひろの特別対談が、湘南ジャーナルとタウンニュースの共同取材のもと行われました。各紙の掲載記事は以下でご確認ください。
 
          湘南ジャーナルは こちら
          タウンニュースは こちら
 
2